since 2015  商標登録番号 5948314・5855569

copyrightⒸ 2019 W@nderFabric

日本の価値観と美のルーツ

BORO CAP

歴史と希少価値のあるボロ布で製作したCAP

Japanese values ​​and beauty roots
CAP made with history and rare value BOROFABRIC

困難をのりこえ、生きるからこそ

 

BORO(襤褸)とは、

150年以上前に実際に生活の中で使用していた布。

破れたり、ツギハギを重ねた衣服、または敷物など。

 

着ることは食べること以上の死活問題、

特に寒冷地の農民・漁民が過酷な寒さから身を守るため、布やハギレ、糸さえも大事な財産でした。

着ている着物がすり減って穴が開いたらまたハギレでツギハギをして長く愛用していました。

着物から敷物へと生活の中で姿を変えていきます。

困難をのりこえるための当たり前の事に、アイディアとその強い生命力を感じることができます

こうして長い間使い続けられたボロは、人間模様を感じられる布として残っており、

欧米を中心に高く評価されています。

 

BOROコレクター”BOROnote”様のご協力のもと、企画生産致しました。
 

​With BORO,
Cloth used over 150 years ago in life.
Tears, seams, overlapped clothes, rugs, etc.
Wearing is a time that is harder than eating
For farmers and fishermen in cold areas to protect themselves from the harsh cold,
It was cloth, hagret, thread, important asset.
When opening a hole in KIMONO, we sewed together, and loved it for a long time.
I am changing shape from kimonos to rugs in my life.
To overcome difficulties,
I can feel strong life 
BORO that was used for a long time thus remains as a warm cloth,

It is highly appreciated mainly in Europe and the United States.​​