since 2015  商標登録番号 5948314・5855569

copyrightⒸ 2019 W@nderFabric


純金箔 武蔵屋×W@nder Fabric​

 


煌CAP(キラキャップ)-GoldLeafCAP-

希少な伝統工芸である印金(摺箔)の技術を用いて、
​正絹(シルク100%)の生地に本金箔を使ってオリジナルデザインを施した

​本金箔仕様の印金(摺箔)の技法とシルク100%で作る最高級CAP

​​


◆印金(摺箔)技法について◆
摺箔とは金箔と接着剤を用いた衣類の装飾技法のことで、
皮革の装飾によく用いられる印金と呼ばれる技術の一種。
印金の技法は中国で完成し、奈良時代ごろ日本に伝来したことが
正倉院宝物の調査で推定されている。​

​デザインとなる模様や図柄を彫った型紙をあてて糊のを置いた上に箔をのせていく。
小さな面に摺箔を施す場合には一度で済むが、
​大きな面積に摺箔を施すには何度も繰り返し作業を行っていく。

印金(武蔵屋)
・デザインによって何種類もの型を必要とし、
本来は伊勢の型紙などを用いますが、今回は武蔵屋独自の型紙を使用。
・現代では能装束や高級帯などごく一部で使用されている技法で、
​技術者も数えるほどしかいない希少な技術を用いて製作しています。

​武蔵屋様 https://www.hakuoshi-musashiya.com/​

CAP製作(WonderFabric)
・一点物のため、デザインの取り方に特に時間をかけ、完成をイメージしながらの裁断。
・縫製も通常の生地とは異なり、本金箔デザインの部分を縫う時に
ミシンとの阿吽の呼吸でゆっくりと縫い合わせていくため、
​時間と手間をかけ慎重に製作しています。


​『鶴-TSURU-』
羽ばたくツルと折り鶴に加え、
日本の国花でもある桜を散りばめ
黒の正絹生地に映える本金箔を使用し
優雅な『和』を表現したデザイン

​『スクエア-Suquare-』
贅沢にも本金箔そのままを落とし込んだスクエア型と、
本金箔をあえて散らしたスクエア型の
同じ本金箔でも全く異なる表現が出るよう
​計算されたデザイン